女性

お得に買って使える

日本人でも海外での生活が一定期間以上ある非居住者なら、一時帰国の際などに免税店で消費税非課税でお得に買い物ができます。海外でも日頃愛用している日本の食品や化粧品などの消耗品をはじめ、ファッションアイテムなども対象となるので、外国為替レートと勘案しつつお得に買いだめして帰りましょう。

TAX FREE

お得に買物をするには

日本人が海外に住んでいて一時帰国する場合、免税制度を使えます。この制度を利用する事で様々なものをお得に購入することが可能です。方法はパスポートを見せて後は店員に従うだけととても簡単なので、当てはまる人なら気軽に利用できます。
電卓と財布

一時帰国時に買いだめを

日本人であっても一定の要件を満たす海外居住の方が一時帰国した折に、免税店で一定の要件を満たせば免税を受けることができます。1日1店舗あたり5千円以上から免税されるので、帰国時にお得に買いだめをして帰りましょう。

税金を免除する

DUTY FREE

外国人観光客に人気

街を歩いていると、Tax freeと表示されたお店を見ることがあります。Tax freeとは免税の意味です。私たち日本人の生活には全て税金が課せられています。しかし、非居住者に対しては、免税の特典が一部で認められているのです。非居住者とは、主に外国人観光客を指します。外国人観光客が増える中、免税店の数は増えています。そして、2015年には日本の免税制度が大幅に改正され、外国人観光客のショッピングがより便利になりました。免税店で扱う品については、一般物品と消耗品とに分かれます。一般物品は、家電や衣料品、装飾品などが含まれます。消耗品は、食品、医薬品、化粧品などです。免税店で買い物する際には、5000円以上という決まりがあります。一度の買い物で、一般物品と消耗品で合算することはできないので注意が必要です。日本の免税店で税金免除の方法は二通りあります。多くの店舗では、最初から消費税が課税されない金額で買い物できます。しかし、一部の店舗では、消費税込みの金額で買い物をして、同日中に免税手続きカウンターに行き、レシートとパスポートを提示して差額を払い戻し戻すことになります。店舗で購入手続きを行い際には、パスポートの提示は必須です。そして、輸出免税物品購入記録を作成してもらいます。記録はパスポートに添付し、日本を出国する際には税関が確認することになるので、無くさないようにすることです。税関の職員が品物と購入記録を照らし合わせて、初めて持ち出しが認められるのです。