海外旅行者に人気の雑貨類

財布

消費税がかからず購入可能

免税制度は日本人が外国に行って日用雑貨や土産物などを購入する際や、海外から日本に旅行や出張で来日した方が日用品類やファッション雑貨類、化粧品などを購入する際にその国で課税されるはずの消費税が免除される制度です。ただし、外国人であれば何処でも免税になるのではなく、税務署の許可をとった免税店での買い物が求められます。近年、日本では中国人による爆買いが話題になっていましたが、世界でも高品質で便利、安心と評価が高い日本製品を求めて大量の買い物をする外国人が多く、家電製品や化粧品、ブランド品などの免税店が多くの外国人客であふれる状況が見られました。もっとも、日本で暮らす日本人が国内の免税店に行っても、消費税を支払わずに済むわけではありません。基本的な条件として外国に居住していることや、パスポートの提示、一定の書類の作成やサインといった手続きが必要になります。逆に日本人の場合は海外旅行や海外出張に訪れた際に、海外ブランドのコスメやバッグ、アクセサリーなどをその国の税金を払わずに免税店で購入が可能です。外国為替レートの問題もありますが、日本の消費税がかかることで海外で購入するより高くなるブランド品などを、海外旅行時などに購入したり、海外に出かける方に頼んで買ってきてもらうと、日本で購入するのと同じブランド品や化粧品などをお得に買い求めることができます。中国人の爆買いが話題をさらったのも、家族や友人、親族の分まで購入しているからだといわれています。