消費税がかからない品とは

タブレット

消耗品からブランド品まで

海外からの旅行者や出張客をはじめ、日本人でも一定期間以上にわたり海外を拠点に生活している方が一時帰国の折に日本の免税店で買い物をする場合、消費税の免税が受けられます。対象となる品は日常生活で使用される消耗品と、生活で一般的に用いられる一般物品となっています。消耗品には食品や飲料、化粧品や医薬品などがありますが、1日の1店舗あたりでの買い物額が5千円以上かつ50万円までの際に免税対象となります。そのため、5千円に満たない買い物をちょこちょこするのではなく、1つの店である程度まとめて買うのがおすすめです。ドラックストアや高級スーパーなど食品から医薬品やコスメなどバラエティ豊かに取り扱っている免税店に出向き、海外生活でも欠かせない日本の食品や調味料、お肌に合うコスメや便利な日用雑貨などをまとめ買いしましょう。これに対して一般物品には日常で着る下着や衣類、靴などをはじめ、バッグや時計、アクセサリー、家電製品なども対象になります。下限は5千円以上ですが基本的に上限は定められていないので、ブランドのバッグやアクセサリーなども買うことができます。日本の高性能な家電製品をはじめ、円高の折などは海外ブランドのバッグも消費税も免除されてよりお得に買えます。購入時の手続きとしてパスポートの提示や書類の作成などがあるので、面倒に感じる方はあちこちで買うより、ある程度お店や品物のターゲットを絞って1つのところでまとめて買うなどすると便利です。